パソコン1

光回線を選ぶとき、違う回線に乗り換えようと考えたことはありませんか?しかし、auひかり回線はキャッシュバックやサービスが魅力的なので、再び利用したいと思うかもしれません。ところで、キャッシュバックなどのキャンペーンは再度利用すると適用されるのでしょうか。

今回は、auひかり回線の2回目以降のキャッシュバックについてと、加えて、auひかり回線のキャッシュバックの魅力や申し込み方法について紹介していきます。

そもそも、auひかり回線のキャンペーンとは?

auひかり回線はキャンペーンとして、大幅なキャッシュバックを行っています。例えば工事費に3万円かかったとしても、5万円キャッシュバックが入る契約をしていれば、工事費が実質無料になり、さらに残額が手元に戻ってくるのです。

加えてauひかりは、2018年10月1日からauひかり新スタートサポート上乗せキャッシュバックを始めています。

フレッツ光または他社のADSLから乗り換える場合、他社固定インターネット違約金から還元できるのであれば、数万円ほどのキャッシュバックを受けられるというお得な内容です。しかし、乗り換えるとしても、解約違約金や自身の契約しているプランとよく照らし合わせてから決めましょう。

そのほかにも工事費負担や実質無料など様々なサービスを毎年展開しています。

キャッシュバックは、原則新規契約者のみ!

キャッシュバックキャンペーンは、新規契約者のみが対象になります。

そのため、2回目以降のauとの契約は新規向けのキャッシュバックはつかないです。キャッシュバックや工事費用を当社負担にする理由は、会社が新規契約をより多く獲得し、auひかり回線の利用者を増加させるためだからです。

2回目以降のキャッシュバックができるのであれば、解約違約金を気にせずに次々乗り換える人を増やすだけで、どのサービスにも固定客がつかなくなります。さらに、工事費負担で経費が回らないだけでなく、ネット回線の工事業者も膨大な契約数に混乱してしまいます。

そのため、キャッシュバックなどのキャンペーンは新規契約者のみに限定されているのです。他にも様々なプランを展開していますが、新規契約者向けのプランがほとんどで、2回目以降の利用者は負担が重くなる傾向にあります。

再契約の例外はあるの?

パソコン3

再契約だとしても、例外が発生する場合もあります。引っ越しで新しい家を建てて住所が変更した場合、契約名義人が変更された場合などがあります。しかし、引っ越し先がサポートの対象外だったなど特殊な理由でなければ新規向けキャンペーンが再び適用されることはまずありません。

他社からの乗り換えは解約違約金の他にプランによる継続割引や契約した会社独自のサービスが受けられなくなるため、十分検討しておきましょう。

au光回線のキャッシュバックのメリット・デメリット

#メリット光回線は、他にドコモやソフトバンクなど数種類ありますが、中でもauひかり回線は圧倒的にキャッシュバックの相場が高いことが魅力です。厳格な条件を除いたとしても、他社は2万円から3万円なのに対して、auひかりは約6万円ものキャッシュバックを受け取れるのです。

もちろん、auのスマホやタブレットを利用しているなら、それぞれ利用している携帯に500円から1000円までの割引が入り、さらにお得になります。額が高いため、工事費がかかったとしても実質無料になるケースが大半で、費用を大幅に抑えてくれます。

#デメリットキャッシュバックが6万円以上受け取れる契約もありますが、高額なキャッシュバックがつく契約ほど、獲得条件が厳しいです。例えばよくあるのが、友達紹介キャンペーンです。だいたいどの家もネット回線は持っているし、乗り換えは負担が大きすぎるので、一人誘うのですらかなり難易度が高いです。

また、契約のときに高額のオプションをつける義務があったり、1年以上後にキャッシュバックされたりするパターンもあります。特に後者は自動で払われることは決してないので、自分で手続きする必要があるのです。そのため、キャッシュバックの申請忘れでもらえなかったなんてことも起こりえます。

内容をしっかり把握しておくことが肝要です。

申し込むべき場所は?

auひかり回線の申し込みは、家電量販店やauショップでの申し込みとネット契約での申し込みができます。どちらともメリットデメリットがあるのでよく考えましょう。#プロバイダとの直接契約家電量販店では、営業マンや販売員がマンツーマンで相談に乗ってくれます。

プロバイダはどんな種類があるのか、キャッシュバックの中で一番お得なのはどれかなど丁寧に説明してくれるため、インターネット回線についてほとんどわからない人、初めてネット回線を解説する人におすすめです。

特に、インターネットの窓口となるプロバイダはau回線だと8種類もあるため、どの回線が自分に合っているか相談してアドバイスをもらうと早いうちに決めることができます。一方で、契約時にいろいろなオプションをつけさせられ、無駄な費用を払ってしまうこともあります。

相手はプロですので、むやみに断れず、後でうまい話に乗せられてしまうこともあります。決してなんとなく聞くのではなく、しっかり質問して自分に合ったサービスを選びましょう。自分が使える予算をきちんと伝える、無駄なオプションは一切つけないなど主張することも大事です。

#au代理店サイトからのインターネット契約ネット契約は窓口契約より安くつくことが多いです。それは人件費を削減しているからなので、安く済ませたいのならネット契約がおすすめです。二回目以降の契約であれば、スムーズに契約できるのでネットからの申し込みが良いでしょう。

欠点は、相談できるのが電話でのやりとりだけになってしまうため、自分ですべて契約内容を確認しなければいけないことです。契約内容をしっかり自己管理しておきましょう。また、携帯関連のキャンペーンはほぼ毎年キャンペーンが変わっているため、最新の情報をチェックする必要があります。

電話でのやりとりが苦手なら、auショップに直接行く方法もありますが、最大でも1万円前後しかキャッシュバックしてくれないため、ネット上で済ませた方が断然お得です。

まとめ

auひかり回線には、キャンペーン以外にも継続利用によるサービスなどお得なプランがあるので、再度利用したいという声も多いです。自分が現在加入している回線のプランと比較してから乗り換えをしましょう。お得なプランを受けられるように、目先だけの金額で判断せず、数年後のプランをしっかり立ててから行動するよう心がけましょう。

参考資料《auひかり