パソコン3

インターネットが「遅い」「重い」など回線速度由来のイライラに困っていませんか?BIGLOBEでは最大10Gbpsの高速通信が可能である「auひかり」のキャッシュバックキャンペーンを行っています。期間限定であるこのキャンペーンはいつでもあるわけではありません。

この機会を逃すと後悔するかもしれませんので公式webサイトをチェックする事をお勧めします。


auひかりとBIGLOBEについて

インターネットでの評価を見たり、auひかりやBIGLOBEの名前を初めて聞いたりする方は、信頼できるインターネット業者かどうか心配になる事があります。結果から先に答えますと、問題無く安心して利用できるサービスです。

auひかりは光ファイバー(FTTH)網を利用する回線事業者であり、BIGLOBEとはKDDIグループのプロバイダーの会社です。KDDIは2000年に第二電電 (DDI)、ケイディディ (KDD)、日本移動通信 (IDO) が合併することで誕生した日本の電気通信事業者です。

そして事実上、NTT最大のライバル企業になります。つまり、auひかりやBIGLOBEは、最大手NTTと比較しても遜色の無い日本企業グループが提供するインターネットのサービスになります。日本有数の大手が提供するサービスになりますから、技術と実績は確かなものがあります。

万一トラブルや障害が発生した場合においてもその対応は早く、日々のライフラインとして安定が重要なインターネット回線を担う事に信頼がおける会社とサービスになります。

auひかりの光ファイバー回線

auひかりはKDDIによる自前の光ファイバー網に加え、日本電信電話株式会社(NTT)のダークファイバーを用いています。ダークファイバーとはNTTがまだ日本電信電話公社の時代に国策で施設された光ファイバー網のうち、敷設しながら使われていなかった光ファイバー網のことです。

この光ファイバー網が未使用で埋もれたまま光が通っていなかった事から「ダークファイバー」と呼ばれていました。しかし、国の政策によって2001年にダークファイバーの開放が義務付けられました。これによりKDDIもダークファイバーを活用してサービスを行う事が可能になったのです。

auひかりでは光ファイバーを活用したサービスとして、インターネット接続サービスのほか、IP電話サービスやテレビ放送、ビデオ・オン・デマンドを提供しています。

auひかりと光コラボレーション

auひかりと比較するサービスに光コラボレーションのサービスがあります。光コラボレーションは、NTTが提供する「フレッツ光」回線を借りてNTTとは別の回線事業者が提供するサービスです。これは「フレッツ光」の利用者数の激増により回線が混雑したため、「フレッツ光」用の回線を他の回線事業者に貸し出すことで利用者の分散を行ったサービスです。

このサービスの登場によりユーザーは各回線事業者別に分散する事になり、全体的には従来よりも高速でインターネットの利用ができる事になりました。auひかりは、こういった光コラボレーションには含まれずKDDI自前の専用回線とダークファイバー回線を使ったサービスとなります。

これがauひかりが高速回線である理由のひとつになります。同じ会社内のサービスとして「ビッグローブ光」が光コラボレーションのサービスとなります。シンプルな料金体系を売り文句としており、NTT東西と同じサービスエリア内において最大1Gbpsの光回線を使用している便利なサービスです。

こちらもキャッシュバックキャンペーンを行っています。同時に紹介すると情報量の多さから混乱してしまいますので、今回はauひかりのキャッシュバックキャンペーンについて紹介します。

auひかりは、どのくらい速い?

auひかりは、最大10Gbpsの高速通信が可能とうたっています。しかし実際10Gbpsは理論値であり、実際にはベストエフォート型の提供である以上この速度が出る事はありません。ベストエフォートは時間帯や建築物密集由来の混雑といった速度低下影響により、通信速度を保証しない方式になります。

そのためこの数値は「通信速度の上限はあるが、最低速度の保証はされていない」という意味で捉えておく必要があります。しかし、同時にこの最大速度は時として回線の並列化による「遅くなりにくさ」を示す数値としても利用される事があります。

速度計測サイトの統計によりますと、auひかり回線の速度は時間帯によって大きく前後するものの「下り300Mbps前後」「上り250Mbps前後」を示しており、通常の利用にあたっては「かなり高速」な部類に入ります。

キャッシュバックはどのくらい?いつもらえる?

回線選択の比較の重要な項目として、キャッシュバックがどのくらいあるのかを気にしている方も多いと思います。

そのキャッシュバックは「一戸建て」「集合住宅・マンション」関わらず、最大50,000円です。この50,000円のうち30,000円が契約から11ヶ月目に、20,000円が契約24ヶ月目に受け取る事が出来ます。

しかし一戸建ての場合ですと、さらに電話サービス同時の申し込みで最大30,000円、他社からの乗り換えが必要な場合さらに最大 30,000円還元のキャッシュバックも用意されています。

そのため、条件によって多少変動するものの「最大117,500円」のキャッシュバックを提示しています。

集合住宅やマンションの場合でも、「電話サービス同時の申し込み」を除いた「他社からの乗り換え分」のキャッシュバックが用意されています。

キャッシュバックを受け取らない選択もあり

キャッシュバックを受け取らない代わりに月々の利用料金を安く出来るプランも用意されています。一戸建ての場合、工事費込みで毎月4,900円で60ヶ月の利用が可能になります。61ヶ月目からの利用も元々の割引によって4,900円となりますので、事実上すっと4,900円で使う事が可能になります。

しかも、この場合でも受け取れないキャッシュバックは回線契約分の50,000円で、「電話サービス同時の申し込み」や「他社からの乗り換え分」のキャッシュバックを受け取れる場合があります。集合住宅やマンションの場合で同じ選択を行った場合、2,050円の価格で24ヶ月間利用できます。

こちらの場合、25ヶ月目からの利用額は3,800円となってしまいますが、一戸建てと同じように「他社からの乗り換え分」のキャッシュバックを受け取れる場合があります。なお、各利用料金はすべて税別で表記していますのでご注意ください。

「最大117,500円」のキャッシュバックは十分に検討する価値あり

条件によって全てを貰えるとは限らない上に、別の諸費用がかかる場合もありますので最新の詳しい情報を得るためにもwebサイトの確認が必要です。

この「最大117,500円」というキャッシュバックの大きさはかなり魅力的になりますので、この機会に是非覗いてみてください。

さらにスマホなどの契約も纏めてしまうと便利になりますので、この機会を是非利用しましょう。